交通事故被害を弁護士に相談するタイミング

交通事故の被害者となってしまった際に、弁護士に相談することで示談の交渉がスムーズとなり、慰謝料や損害賠償額が自賠責保険や任意保険を基準としたものよりも高額となるケースがあります。

示談交渉は被害者と加害者の当人同士で行われるパターンは案外少なくて、保険会社の担当者や弁護士を相手に交渉を進めることが多いため、交通事故に関する法律や裁判所の判例などの知識のある弁護士に依頼することが、良い結果につながりやすいようです。

ここでは、交通事故に遭ってから弁護士に相談するタイミングについて解説していきます。

交通事故が起きた直後

弁護士に相談するタイミングで、最も早いものが交通事故が起きた直後です。交通事故は、警察が事故現場や事故当時の状況について調査をすることで、事故の報告書が作成されます。

そのため、調査の時点で弁護士に相談することで、調査がきちんと進められているかどうかをチェックすることが可能となります。事故の報告書は過失割合の重要な資料となるため、正確性が問われるためです。

治療期間

弁護士に相談するタイミングには、治療期間も含まれます。特に後遺障害の認定については、医師の診断のみで決定することで本来の等級より低い等級となるケースがあるため、弁護士に相談することで適正な等級が認められることに近づきます。

示談交渉中

弁護士に相談するタイミングとして、示談交渉中というのもあります。示談交渉は加害者側の保険会社の担当者や弁護士を相手にするケースが多いため、「相手が何を言っているのかわからない」状態で交渉が進んでしまい、気がつくと示談が成立していたということも考えられます。

示談は一旦成立してしまいますと、示談交渉の時点では予測できない後遺障害や再手術以外では、損害賠償請求が認められることがないため、示談交渉を弁護士に依頼することで、互角もしくは有利に進められる可能性が高まります。